復縁できない人達がLINEで使う言葉

復縁できない人達がLINEで使う言葉

今では好きな人とのコミュニケーションツールとして欠かせないLINE
言葉では伝えづらい気持ちをLINEで送る事も多々あると思います。

しかし、

言葉で伝えづらい気持ちを文章にするという事は、発信する側の自己満足でしかありません。
送った側の本人は伝わっているつもりでも、実は受け取る側の事を何も考えていない行為なんですよね。

なぜなら、受け手が送った側の気持ちを100%読解するなんて、ありえない事ですから。

もし、復縁したい相手に自分自身の気持ちをLINEに乗せて送ろうと思っている人や、既に送ってしまった人、既読スルー、未読スルーされている人は
LINEの送り方を今一度、見直した方が良いのかもしれません。

当社では復縁工作の一環で復縁アドバイスも行っており
依頼者と対象者のLINEのやりとりを基に分析をし、LINEの送り方や、タイミング、アプローチ方法などのアドバイスを事細かにしています。

これまでの蓄積された過去のデータを見ていくと、復縁できない人が送るLINEには共通している事があると気付きました。

意外と多いダメなLINEをご紹介します。

あなたは何歳?

「こんにちゎ」「それぢゃ!」

あなたは、これらに違和感を感じますか?

「は」「わ」
「じゃ」「ぢゃ」
「こんにちは」「こんにちゎ」など・・

いい大人になっても、未だにこのような言葉遣いでLINEをしていませんか?
復縁できない人のLINEに多く見受けられるんですよね。

幼稚な言葉遣いは、妙齢の方に特に多いです。
若い頃に日常的に使っていて、そのまま現在も使い続けているんですかね・・
歳を重ねれば重ねるほど痛々しく、見るに堪えません。

あなたが大切な人に対し、いつまでそんな言葉遣いを続けるつもりですか?

復縁したい相手が使っていたから?

「復縁したい相手が日常的に使っていた言葉だから、自分も使っていた」という方もいらっしゃいます。
相手に合わせて同じ様な言葉を遣い、共通言語が増える事は仲を深める事には必要不可欠です。

交際当時の癖でそのまま使ってしまっている?
いやいや、もう別れていますよね?

別れてしまった相手に、当時のままの言葉遣いでLINEして良いのですか?

ジースタイルに届く相談のメールやLINEでもよく目にします

復縁の相談は、ご自身にとって重要で大切な相談ですよね。
普段使っていたとしても、初めてやりとりする相手に使う言葉とは到底思えません。

大体、こういった「言葉」を軽く考え使っている人は「復縁」も軽く考えており、
相談を伺っていても復縁は難しいだろうなと思う方ばかりです。

ジースタイルでは、依頼者・対象者の「言葉」「文章」から様々な分析を行っています。
言葉、文章には自分の思っている以上に「自分」「気持ち」が表れます。
その人の使う言葉、紡ぎ出す文章を読めば「どのような人」なのか
「どのような事を考え、伝えたいのか」がわかります。

それでも、あなたは間違った言葉を遣い続けますか?

なぜ、ダメなのか?

LINEでおかしな言葉遣いをする人は、精神的に未熟で視野が狭く、依存的な恋愛体質の人が多く見受けられます。

LINEの送り方次第で良い方向に向かうのに、自分で自分の首を絞めてしまう勿体ないタイプなんですよ。

LINEを受け取る人によっては、「幼稚」「時代遅れ」「気持ち悪い」「公私混同している」「思慮が浅い」など
マイナスなイメージを持たれてしまうおかしな言葉遣い。

言葉を大切にできないから相手に気持ちが伝わらないのです。

あなたと、復縁したい相手とのこれまでのLINEのやりとりを、もう一度見返してみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、お別れしたパートナーも見返していて、あなたの言葉遣いやあなたとの共通言語でのやりとりを見てゾっとしているかもしれませんね。

LINEの送り方次第で、既読スルーやブロックをされてしまい、復縁が遠ざかってしまう事例は他にもたくさんあります。

あなたのLINEの送り方は大丈夫ですか?

自己改善と自分磨きは全くの別物!自己改善を勘違いしている人は復縁できません

別れた相手との連絡手段が残されているからこそ注意が必要

待て!ができない人は復縁できない

復縁にネガティブは要らない

復縁工作の重要性についてご理解頂ける復縁工作の簡単な説明