復縁に繋がる感謝することの具体例

復縁に繋がる感謝することの具体例

「元恋人に感謝の気持ちがない自己改善を進めて復縁できません。」

元恋人に感謝の気持ちがない自己改善を進めて復縁できません。

復縁に感謝の気持ちが必要なのは上の記事を読んでいただくとわかるでしょう。

では、具体的にどのような感謝の形を表していけばいいのでしょうか?

誰に向けての感謝なのか

感謝の気持ちは、自分に意識が向いている時点で出てくることはありません。

  • 自分は家事や子育てをしてあげているのに
  • 自分はこんなにも仕事で忙しくて疲れているのに
  • 構ってほしいのに最近全然連絡が返ってこない
  • 自分の大変だった話を聞いてほしい

などといった気持ちは、相手に意識が向いておらず、言い換えれば相手の事を考えてあげられていない状態。

反対に、相手を想う考え方を一瞬だけでも持ってみることで、思いやりの気持ちが芽生えてきます。

  • 相手に対して色々してあげたと思っていたけど、自分もたくさんしてもらったことはあるのかも?
  • 自分もしんどいけど、相手の状況を知らないだけで、相手も大変なのかもな?
  • 連絡が来ないのは、ただ忙しくて返せていないだけかもしれない?
  • 自分の話ばかりではなく、相手の話を聞いてみようかな?

相手の気持ちや状況を想像し、思いやりを持つことで、感謝に繋がってくるのです。

具体的な感謝の仕方

具体的な方法を三段階に分けて考えてみましょう。

★一段階目

感謝の言葉を口に出すということ。

今まで感謝の言葉を口にしてこなかった方には、素直な気持ちで感謝を伝える事が難しかったりします。
しかし、感謝することに関しては習慣として身に着けることができるのです。

何かをしてもらったら「ありがとう」を言ってみる。

相手が自分の為にしてくれたかもしれないと思えば「ありがとう」の5文字を口に出すことをまずは目標にしてみましょう。

そもそも自分にしてくれたかどうかを気づけるか、という前段階があるのかもしれませんが、一緒にいてくれるだけで「ありがとう」という気持ちでいれば、自然と見つかるものです。

もしその時に気づけなくても、後からお礼を言ってみるのも一つの手なので試してみてくださいね。

 

★二段階目

感謝の言葉が心の底から出てくるものなのかということ。

口下手かどうかは関係なく、形だけの「ありがとう」や、言葉に心がこもっていないものは、人間は自然と感じ取ってしまうものです。
せっかく口にした感謝の言葉もどうせ口だけなんだろうなと相手が思ってしまえば、その感謝はむしろ逆効果になってしまう恐れもあります。

誕生日プレゼントやお中元、お歳暮などを例にとって考えてみましょう。
プレゼントや贈りものは、物の価値ではなく「おめでとう」や「ありがとう」などの気持ちがあるからこそ貰って嬉しい気持ちになるものです。
通販で適当なものをあげればいいだろうといった感じでは、貰う側も嬉しくないですし、ある程度察してしまいます。

相手がしてくれた行動の真意を汲み取ってみるという行為が裏打ちされて、初めて感謝の言葉が出てくる。
こういった感謝の気持ちを確かめることを実践してみてください。

 

★三段階目

心から出ている感謝の言葉や気持ちがあれば自然と何かしてあげたくなったり、行動に表れてくるものです。

行き過ぎてしまえばお節介になってしまうこともありますが、行動が伴って初めて感謝の言葉に効果が表れてきます。

また、行動といっても特別何かしてあげる必要があるのではなく、感謝の思いがあるから相手の事も考えることが出来、相手が嫌がるようなことはしない。
「必要以上に迷惑をかけない」などと言ったマイナスな行動を抑制することも出来る様になっていきます。

 

ありがとうに隠された秘密

「ありがとう」のこの5文字には身体、精神、社会性など様々な面で科学的にいい効果をもたらす事がスタンフォード大学などで証明されています。

いくつかご紹介すると、身体的に感謝の気持ちは脳内でセロトニン、ドーパミン、オキシトシン、エンドロフィンが分泌されると言われています。

難しい言葉は置いておいて、要するにこれらは、自律神経を整えたり、ストレスに対する効能、幸せややる気に繋がる効能など様々なものが期待されるというものです。

「セロトニン」は自律神経を整えるもので、日中の散歩(15分~30分)などでも効果は期待できます。

「ドーパミン」は、やる気の促進、幸福感の向上につながり、乳製品や大豆食品を食べることで増やすことができます。
また、小さな目標を達成していくことで幸福感や達成感を増長させていくことで生まれるものです。

「オキシトシン」は幸せホルモン、思いやりホルモンとも呼ばれ、配偶者や恋人、好きな人とのスキンシップや心許せる友人との食事や会話、ペットとのふれあいなどでも効果が期待できます。

この3つの成分を分泌させるために、毎日散歩をして、乳製品、大豆食品を食べ、小さな目標を立ててクリアしていく、といった事が必要になります。
散歩をして、乳製品、大豆製品を食べ、達成感を得るなんて、毎日行う事は難しいですよね。

しかし、たった5文字の「ありがとう」には全てに代わる力があります。

「ありがとう」を口にしてみるだけで、こういった効能を得られるというのは興味深いですよね。

精神的な面においても、ある上司が「ありがとう」を日常的に使ってみたところ、周囲のやる気を引き出し、やる気をアップさせたという研究結果もあるのです。

難しいことは一切なくシンプルで誰にでも出来るのに凄いと思いませんか?

 

復縁への新たな一歩を進めるために

人という生き物は全ての物や事象に対してすぐに慣れがきてしまうものです。恋人に限ってだけではありません。

収入が上がってもいずれ足りないと嘆き、新しく手に入れた車や家、身近なものであれば洋服やスマホを新しくしても何日か何年か経つと最初に手に入れた時の感動や幸福感は徐々に薄れていき、仕舞いには「新しく買い替えればいいか?」と考えたりします。

感動や幸福感が薄れてしまった時に対しても、感謝することで最初に感じた感動や幸福な気持ちを思い返すことができ、初心に戻ってやり直すこともできます。

実は、慣れを見つめなおす行為は復縁にも深く通ずるところがあるのですよ。

少しでも「なるほどな」と思った方は是非、新たな一歩を踏み出して下さい。

 

同棲中マンネリに陥った後でも元の関係に戻れる?

マンネリになってときめけなくなってしまった時、別れた方がいいのか?

恋人同士の知っておきたい倦怠期