別れた相手との連絡手段が残されているからこそ注意が必要

別れた相手との連絡手段が残されているからこそ注意が必要

恋人から突然別れを切り出され、別れてしまった。

酷い別れ方をした訳ではなく、ラインや電話のブロックもされていないし、連絡しようと思えばいつでも連絡が出来る状態。

連絡手段を断たれてしまっているよりも、連絡手段が残されている方が、復縁の確率は高いと言えますが、
いつでも連絡が取れる状態であるが故に、恋人関係が終わったにも関わらず、距離感を測り間違えた方法で連絡をしてしまい、拒絶されてしまう事もあります。

連絡の取り方やタイミング一つでプラスにもマイナスにも転がる事がある為、復縁したいのなら注意が必要です。

復縁したい気持ちが強いなら自分を抑えて

「復縁したい」と思っていると、復縁のチャンスを掴むために、強引にでも相手との接点を求め行動してしまいます。

あなたは復縁したい訳ですから、好きな人と居たいと思うのは普通の事なのですが
別れてしまった事に「納得していない」「絶対に復縁したい」と、相手の「別れたかった」という気持ちを尊重しないで、自分の希望を押し通し

『連絡を取れば、もう一度考え直してくれるのではないか?』
『会話の中で、復縁のチャンスをもう一度もらえるのではないか?』
『友達の様に接する事で、それがきっかけに恋人関係へと戻れるのでは?』

等と、自分本位の都合のいい考えを持っていませんか?

別れてからも連絡を取ろうとする行為は、相手に「まだ執着している」「別れた事を認識してくれていない」「何故別れたのか考えてもいない」
といった悪い印象を持たせてしまい、余計に拒否、警戒されてしまえば、相手の心を解きほぐす事が出来なくなってしまいます。

あなたからの連絡で元恋人がどう感じるのかを把握しましょう

メールやラインを送る内容やタイミングは、相手の現状や心の状態をきちんと理解して送らなければ、マイナスの印象だけを与えてしまうのです。

ラインや電話のタイミングを計ると言っても、自分の復縁したい気持ちを優先させてしまっては、正確に判断する事は難しいでしょう。

「あの人からこう言われたら復縁を考えてもいいかな?」
「あの人から連絡があれば、友達としてならありかも?」
「あいつだけは連絡が来ようが、絶対無視する!」

別れ方や別れの理由、付き合っていた時の関係性によっても「元恋人であるあなた」への反応は違ってくるものです。

別れた相手からの連絡は、執着や依存をしていると感じさせる以外にも
「探りを入れられているみたいで嫌だ」と考える人もいます。

別れた後に新しい相手との恋愛が進み、探りを入れられたくないと感じれば、あなたからの連絡には応じる事は無いでしょう。

そう言った場合の為にも、安易に連絡を取る前に相手の状況把握はとても重要になります。

復縁の為に必要な行動とは?

復縁したいのなら、別れの原因の改善は勿論ですが、まずは相手の意思の尊重と警戒心を和らげる事が必要となってきます。

一度相手の気持ちを尊重し、別れを受け入れ、相手への「執着」「依存」「警戒心」を感じさせない様にする事で、復縁へと繋がる道を一旦整理させます。

次に大切なのが、相手の現在の状況を知る事。

新たな恋愛を始めようとしている、別れた後に寂しく思っている、仕事で忙しくしているなど、
相手の状況によっても、連絡の内容やタイミングが変わってきますよね。

ブロックされる程拒絶されていないのであれば、復縁出来る可能性は高くなりますし、より可能性を高める為に、現在の相手の状況を把握し、適切なタイミングを図らなければいけません。

貴方からの連絡を相手は気持ち悪いと思っているかも

待て!ができない人は復縁できない

一途に相手を思い続けていれば、復縁できるという勘違い

復縁工作の重要性についてご理解頂ける復縁工作の簡単な説明