DV被害者の離婚の実現

DV被害者の離婚の実現

DV(ドメスティックバイオレンス)とは、配偶者や恋人など、親密な関係にある人から受ける暴力のことです。

ここでいう「暴力」には、殴る・蹴るなどの身体的な暴力だけではなく、「暴言を浴びせる」などの精神的暴力や、「嫌がっているのに性行為を強要する」などの性的暴力も含まれます。

夫からDVを受けています。
離婚をしたいのですが、夫が怖くて切り出せません。
私が「離婚したい」なんて言ったら、何をされるか分かりませんし、このままだと子供にまで手を挙げるかもしれません。
暴力におびえることのない普通の日々を過ごしたいんです。

DV被害を受けていて、身体的にも精神的にも追い詰められているにも関わらず、離婚ができない相談者さん

心も身体も共に危険な状態である環境から一刻も早く離れたい、離れた方がいいと思うのが普通ですが、それはDV被害を受けていない第三者の客観的な考え方であって

実際にDVを受けている被害者は、「普通」の考えが浮かばなかったり、例え浮かんだとしても、行動に移せるか?は別の問題です。

離婚できないと言う思い込み

旦那からのDVで、自分や子供の身に危険が降りかかってくる状況であれば、旦那から離れ、安心で安全、幸せな日々を過ごせるようにと、離婚を考えます。

DV加害者は被害者を、「恐怖で支配」しているのです。しかし、恐怖心から正しい判断ができなくなってしまい、別れたくても別れられない状況という人も存在するんです。

離婚できない」と思い込んでしまうものの一つに、相手は本当は優しい、可哀想、ほっておけないという錯覚が存在します。

DV加害者が、いつも暴力を振るう訳ではありません。

飴と鞭の様に、激しい暴言や暴力を振るった後

  • 「お前の為だから仕方なくやっている」
  • 「本当はこんな事をしたくない」
  • 「お前しかいない」
  • 「助けて欲しい」

などと自分の弱さや、あなたの為だとアピールし、呪縛のような言葉で、DV被害者を支配するのです。

常に飢えている状態で、カビの生えたパンをひとかけらでも貰えれば、良い人だと錯覚するように

暴力の無いひと時の幸せな時間は、恐怖に脅えるDV被害者にとって幸せだと思い込むには十分な時間なのです。

口答えをしたり「離婚したい」と言う事によって、「DVがエスカレートしてしまうのではないか?」という恐怖から

『自分ではどうすることも出来ない=離婚できない』という思考に陥って、離婚する事を諦めてしまう方ばかりですが

「離婚できない」そんな思い込みは捨ててください。
離婚は出来ます。
あなたはあなたの自由と幸せを手に入れても良いのですよ。

DVは愛情表現等ではありません

自分が我慢すれば、いつかDVが無くなると思っていませんか?

DVは時間が経過したからと言って自然に治まることはありません。

「自分がちゃんと出来ないから正してくれているんだ」なんて考えは止めてください。
あなたがちゃんと出来ないからと言って、暴力で正そうとはしません。
あなたが困っている時、助けてくれるのが愛情です。

相手はあなたの事を想ってやってはいません。
あなたを想っているのなら、あなたを傷付ける様な事はしません。
あなたを尊重し、お互いを思い遣るのが愛情です。

今の環境に、あなたが苦痛を感じ「もう耐えられない、逃げだしたい」と思うのであれば、迷わず問題の解決をする時ですよ。

あなたが「離婚したい」と思っているのなら、ジースタイルはいくらでも協力させて頂きます。

 

コロナ離婚を考える相談者

モラハラ彼氏と今すぐ別れたいのなら別れさせ屋へ相談してください

別れさせ屋とは?

別れさせ問題を解消出来ますか?別れさせ屋への依頼を検討してみましょう