子供が付き合っている相手との別れさせ屋の工作方法

子供が付き合っている相手との別れさせ屋の工作方法

恋愛はある程度の年齢に方法なれば、それぞれの意思で付き合うことも別れることも自由に決めれます。

例えそれが親であったとしても、反対をすれば反発されて疎遠になってしまうケースも数多くあります。
理不尽な理由で別れてほしい。と考える親は少なく、その多くの方は明確な理由の元で反対をしていることが過半数以上です。

しかし、素直に反対理由を子供に話をしたところで、すんなりとその意見を聞いて別れることは残念ながら少ないのが現状です。
冷静に考えてみても、好きな相手と別れるのは本人にとっても勇気が要ることであり、何故親に反対されなければいけないのかと思うのが普通だと思います。
子供には残念ながら、親の思いが全て分かるわけではないので自らが親になった時に初めて気付くものです。

様々な反対理由がありますが、一貫して言えるのが子供が憎くて反対をしていないという点です。
子供のことを考えるからこそ反対をしているのに、それが原因で仲がギクシャクなってしまっては元も子もありません。
そこで別れさせ屋を検討して、子供とその交際相手との縁切りを頼まれる方が増えてきてます。

まず、何故子供が別れたくないのかを知ることから始めなければ工作の仕方にもブレが出てくる場合があります。
例えば交際相手が不真面目、不誠実などが見てとれ、明らかに将来的に自分の子供が苦労をするということが予想出来ていたとしても、そのまま子供に伝えた所で素直に聞くのはほぼありえません。
実際にその状況にならないと分からないと言われればその通りですし、あくまで『可能性』での話になってくるので子供も納得してくれるとは思えません。
根気強く理論的に話をすれば分かってくれるだろうと思っている方も居ますが、それは間違いです。
恋は盲目という言葉があるように、現段階では自分を含めて周りなど見えなくなっていることが多いからです

まずは子供が相手の何に対してそんなにも惹かれてしまっているのか、その恋愛に対してどこまで依存してしまっているか、相手がどんな人物なのか等をこちらが把握しておくことが重要です。
子供がどんな考え方なのかを、分析することにより打開策は必ず出てきます。
相手にハニートラップを仕掛けて、子供との関係を不仲にさせて別れへと導くことも出来ますがそうすれば費用もそれなりに必要となってしまいます。
案件によっては全くハニートラップに引っ掛からない交際相手もいるので、それ以外の方法で別れさせを遂行する方が成功確率が上がることもあります。

それらを踏まえてジースタイル大阪ではそれぞれの案件に適した別れさせ工作の方法を提案させて頂いております。
子供の性格や交際相手がどんな人なのかをヒヤリングさせてもらい、そこからどんな工作が有効かなどを分析のプロや工作員と話し合い最終的に工作へと移行します。
ご依頼者様が持ってる情報を最大限に活用させて頂き、相手の心理状態から成功率が少しでも高い工作方法を取り、ご依頼者様のご要望に添えられるように親身になりご相談を聞かせて頂いてます。

ジースタイル大阪では24時間年中無休にて、どんな内容にも親身になって弊社の相談員がお聞き致しますので、お気軽にご相談下さい。