早急、至急、敏速、迅速、速攻、速やかに離婚したい

早急、至急、敏速、迅速、速攻、速やかに離婚したい

結婚生活を続けていると、問題や不満が溜まり、離婚の文字が頭を過る事もありますよね。

婚姻関係にある相手と別れる=離婚する

交際しているカップルが別れるとは違い、夫婦の離婚になるともの凄い忍耐とエネルギーを使うもの。

交際中のカップルが別れる時、法的な拘束などない交際の解消ですから、嫌になった方が別れを告げ離れれば良いだけです。
極端な話、突然相手の前からいなくなり、連絡が全く取れない様にする事も可能なわけです。

しかし離婚となると話は別で、夫婦の解消をする為には、法的な手続きを行わなければならず、話し合いの上で離婚の同意を得るか、法的に認められるかどうかの観点からも、別れについて考えなければならなくなります。

結婚直後は幸せいっぱいで生活していますから、法的なもの、制度的なものに関しては目がいかないものでしょう
2人の間に何らかのトラブルが生じ、離婚の考えが浮かんできて初めて、ようやく婚姻関係の解消がとても難しいものであることを実感するのです。

離婚の何が難しいのか?

離婚の難しさは、相手の合意を得られるかや、面倒な法的手続きを、別れたい相手と協力し進めていかなければならない事。

離婚するに当たり、問題になるのは相手の合意

例えあなたからの離婚理由が正当なものだとしても、相手はそれをすんなりと受け入れてくれるでしょうか?

・一方的な離婚の要求で、理由にも納得がいかない

・子どもの親権問題で、子どもと離れなければならないかもしれない

・財産分与、養育費などの経済的な問題

等、離婚するにも夫婦の数だけ問題があると考えて良いでしょう。

すぐにでも離婚したい相手なのに、相手を納得させ、同意を得ねばならないなんて、苦痛でしかありませんよね。

次に問題になるのが法的手続き

離婚する方法として、おおまかには3つに別れており

・協議離婚  夫婦の話し合いによる離婚
・離婚調停  調停員を挟んで、話し合いによる離婚
・離婚裁判  裁判で離婚を成立させる離婚

夫婦の話し合い、協議離婚で解決するのが一番ですが、相手は納得していない訳ですから、そう事は上手く進む訳がありません。

話し合いでは合意を得られなかった相手と離婚するには、第三者を介入させる必要性が出てきます。

協議離婚や裁判になってしまうと、双方の言い分を聞き進めて行く為、とてつもない時間や労力がかかる事もあり、長い話し合いの末に、二人の言い分の間を取ると言う選択をせざる負えない状況になる場合も考えられます。

今すぐに離婚したい方としては、無駄な時間を使い、結果が伴わないとなると、それこそ納得がいかないですよね。

ただでさえ忙しい毎日。
それに加え、離婚に向けての話し合いや、離婚する為の行動に対する負担が必ず出てきます。

「自分の負担を考えると、離婚の決断が出来ない」と離婚するのを諦めてしまっては、一生離婚は出来なくなってしまいますよ。

 

一人で抱え込むことで、離婚の成立が難しくなる場合もあります

離婚を考えた時に、相談できる人はいますか?

離婚はとてもプライベートな事ですから、簡単に相談出来るモノでもありませんし、相談出来る人も限られてきますよね。

相談出来る人が誰もいないと、ストレスを一人で抱え込んで、精神的に追い詰められてしまい、離婚に向けての行動が出来なくなってしまいます。

早く離婚したい!のに、出来ない

ストレスを解消するために離婚をするのに、今のあなたが抱えるストレスは全くの無意味なモノになってしまいます。

弊社では、離婚の為の別れさせ工作と並行しつつ、専属のアドバイザーによる依頼者の心のサポートとして、ストレスや不安を少しでも軽減しながら、離婚へと導いて行く事が出来ます。

DV被害者の離婚の実現

コロナ離婚を考える相談者

別れたいのに別れられない、別れることで次の出会いがある?

別れさせ屋とは?

別れさせ問題を解消出来ますか?別れさせ屋への依頼を検討してみましょう